キャッシング・カードローンの申込条件と必要書類

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

大学生・専門学生が消費者金融でお金を借りるための条件と必要書類!

チェックの画像 年齢が20歳以上の方で安定した収入が毎月ある方!

上記は、消費者金融のキャッシングやカードローンに申込みができる方の条件です。大学生や専門学生でも、年齢が20歳以上で毎月アルバイトで安定した収入があれば申込みすることが可能です!

 

消費者金融へのボタン画像

 

学生ローンやキャッシングの申込みに必要な書類

やじるし画像本人確認ができる書類

 

運転免許証・健康保険証・パスポート・学生証など

 

外国籍の方は在留カード、もしくは特別永住者証明書などが、本人確認の書類とあわせて必要となります。

 

 

本人確認の書類に記載されてりるところが、現在住んでいる所と違うときに必要な書類は?

  • 国税や地方税の領収書、もしくは請求書、納税証明書
  • 社会保険料の領収書、または請求書
  • 公共料金の領収書や請求書(電気・水道・ガス・NHKなど)
  • 住民票の写し

上記の書類は、発行日から6ヶ月以内のものです。

 

 

 

やじるし画像学生でも収入証明書が必要な場合

 

消費者金融では、一般の人でも学生でも希望する借入額が50万円を超える貸付には、収入証明が必要となります。

 

また、本人が希望する借入金額と他社でお金を借りている金額の総額が、100万円を超えるにも収入証明書が必要となります。

 

 

やじるし画像収入証明の確認がとれる書類
すべて最新のものが必要です!

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

 

賞与がない方は、直近2ヶ月の給与明細書が必要となります。

 

消費者金融では、50万円までの借り入れは入証明書なしでお金を借りることができます。

 

金利が安い学生ローンもおすすめ!

大学生や専門学生のときは、アルバイトとなるので毎月の収入が少ないです。学生を専門としている中堅消費者金融の中には、学生専門に融資を行うローンがあります。

 

このような学生ローンでは借入できる金額は少額ですが、学生さんが利用しやすいように安い金利設定となっています。

 

学生ローンへの案内ボタンの画像

 

未成年(18・19歳)がお金を借りることについて

中小消費者金融の中には、学生ローンを専門としたところもあります。このような中堅金融では未成年(18歳・19歳)でも、お金を借りることが可能なところもあります。

 

安定した収入が毎月ある方でも、未成年であればお金を簡単に借りることはできません。未成年への貸付は、融資する会社側のリスクが高くなるので、貸付を行うところも少ないのです。

 

安定した収入のある学生さんなら、クレジットカードの審査に通りキャッシングの審査を受けて通れば、少額ですがお金を借りることができます。クレカの発行は、収入のある学生さんなら18・19歳(未成年)でも申込みが可能です。

 

クレカ申込みへのボタン画像

年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!