消費者金融の借入について【総量規制の例外.・除外となるとき】

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

総量規制の例外・除外となるカードローンの借入とは!

法律では、個人へ貸付けを行う金融業者は、年収等の1/3を超える貸付けが禁止となりましたが、一部、例外・除外となる貸付がありますのでまとめています。

チェックの画像 貸付の種類と契約

  • 個人向けの貸付け  
  • 個人向けの保証
  • 法人向けの貸付け  
  • 法人向けの保証

お金のの画像

貸金業者が私たちにお金を貸すときの契約には、上記のような種類の貸し付けがあります。

 

この中でも、総量規制の対象となる貸付は個人向けの契約となります。

 

総量規制では、法人向けの貸付けや保証、個人向け保証の契約は、総量規制の対象となりません。また、個人がお金を借りるとき、目的が事業用資金として借りるのなら、総量規制の対象になりません。

 

除外、例外となる総量規制の貸付

除外の借入

不動産を購入するために借りるとき、自動車を購入する為の自動車担保の借入などは、個人の借入となりますが総量規制の対象となりません。

 

例外の借入

年収の1/3の借入があっても、現在の借り入れに対して返済できる能力があるとみなされれば、お金を借りることが可能です。

 

年収が300万円で、1/3の100万円のお金を借りているとき、通常ならお金を借りることができません。しかし、どうしても医療費などで緊急にお金が必要なときは、例外として年収の1/3以上を借入することが可能なこともあります。

 

消費者金融へのボタン画像

年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!