消費者金融のカードローン審査と個人信用情報機関の関係!

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

消費者金融のキャッシング審査と信用情報機関の関係!

消費者金融の審査を説明する人の画像

消費者金融などの貸金業を行う業者は、消費者(お金を借りる人)の借入残高の情報を、貸金業法によって互いに交流することが義務づけられています。

 

今までにカードローンやキャッシングを利用したことがある方は、「日本信用情報機構」や「シー・アイ・シー」などの情報機関に、お金の取引履歴が一定期間登録されることになります。

 

日本信用情報機構では、信販会社、消費者金融、カード会社、保証会社などの会社が、主な会員となっています。また、シー・アイ・シーでは、信販会社やクレジット会社が主な会員です。

 

互いに情報を提供し合うことで、お金の貸し過ぎや借り過ぎを未然に防止するという目的があります。

 

信用情報機関に登録される内容とは!

登録される内容によって、保存期間には違いがあります。

チェックの画像 申し込み者、本人の情報
氏名・生年月日・性別・住所・電話・職場の名称・勤務先の電話など
チェックの画像 契約内容
契約した種類・契約日付・貸付日・貸付金額など
チェックの画像 返済状況の情報
返済日・返済予定日・借入残高・完済日・延滞など
チェックの画像 取引の事実
債務整理・破産申し立て・強制解約など

 

申し込みのときに嘘をついて審査を受けたらどうなる?

チェックの画像

信用情報機関に登録されている情報は、消費者金融やクレジット会社などで互いに交流ができます。

 

他社に借り入れがあるため審査に通りにくいからと、新たなところに申し込みをする場合、申し込み用紙に嘘の記載しても、審査のときにはけっきょくばれてしまいます。

 

また、はじめて申込みをする方は、年齢や仕事、雇用形態、勤続年数などが重要となるでしょう。

 

始めての申し込みだから、信用情報機関の登録はないだろうと、嘘を付いて審査に通ったとします。簡単に嘘をつけばいいと思っている方もいますが、このような行為は場合によっては犯罪になりますので、絶対に嘘をつかないように申し込みをしてくださいね。

 

消費者金融やクレジット会社などの審査では、「返済能力があるのか」ということが重要となります。返済が遅れたことのある人や、支払いができない人は、審査にまず通らないでしょう。

 

しかし、他社に借入がある人でも毎月きちんと返済をしており、総量規制の範囲内である年収の1/3に借入が達していないなら、審査に通る可能性はあります。

 

チェックの画像 総量規制とは!

 

このように、キャッシングやカードローン審査に、信用情報機関は深く関わりがあります。

 

消費者金融やクレカのキャッシング審査に通るには、遅れることがないように返済することを心がけ、できるだけ支払を終わらせてから申し込みすることが、審査に通りやすい方法だと思います。

 

消費者金融へのボタン画像


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!