携帯電話代の滞納によるカードローン審査への影響とは

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

消費者金融のカードローン審査と携帯電話料金の支払い滞納の影響!

申込みについて解説する人の画像

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りると、信用情報機関にローンに申し込みをしたときの個人情報や、取引の内容、借入残高、返済状況が登録されます。

 

これらの情報はお金を借りるとき、金融会社側の審査の際にとても重要にある情報です。

 

今、借りているお金があり返済が遅れていたり支払ができていなかったり、債務整理をおこなっていたりする場合、お金を貸す金融会社側には要注意人物として審査では判断されるでしょう。

 

このような一般的にブラックといわれる人は、カードローンの申し込みをしても審査に通ることはありません。

 

また、過去のお金の利用状況も、新たにカードローンの申し込みするときには影響があるので、普段から借りたお金は返済が遅れることのないように、期日までに支払うことを心がけましょう。

 

携帯電話料金の支払いがカードローンの審査に影響するのはなぜ!?

携帯電話を利用している人の中には、携帯電話の端末(本体)を毎月電話代と合わせて分割払いする方が多くいます。携帯電話の端末を分割払いにすると、割賦販売となりクレジット契約になります。

 

割賦販売をおこなう会社は、法律によって信用情報機関に取引の内容を登録する義務があります。そのため携帯料金の支払いに端末(本体)の分割払いが含まれているとき、料金の支払いが遅れてしまったり支払いができない場合は、その事実が信用情報機関に登録されることになります。

 

信用情報機関の登録内容は、会員となっている消費者金融会社やクレジット会社同士で交流ができるので、消費者金融のカードローンに申込みをした際、返済が遅れている事実は消費者金融に知られることになります。

 

携帯電話の料金滞納は、場合によってカードローンの審査に影響する可能性があります。

 

消費者金融へのボタン画像


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!