消費者金融のカードローンの審査基準について

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

カードローンでお金を借りるには!?消費者金融の審査基準!

消費者金融の審査を説明する女性の画像

消費者金融の審査に通るか落ちるかは、お金を借りる消費者金融会社によって変わってきます。

 

A会社のカードローン審査には落ちたけど、B会社では審査に通った!ということもよくあることです。

 

お金を貸しても返済ができる人であるか、というところが重要になるので、審査では年齢や職業、勤続年数などを見ることになります。

 

また、今までにお金を借りたことがある方は、お金の利用履歴が信用情報機関に登録されています。消費者金融の審査では、その信用情報機関の内容をもとに、判断が行われます。

 

消費者金融会社によって審査基準に違いはありますが、この人なら大丈夫だと判断されれば、お金を借りることができるのです。ここでは、消費者金融の審査と信用情報機関の関係や、審査に通るためのポイントを詳しく解説していきます。


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!

消費者金融の審査基準とは記事一覧

消費者金融などの貸金業を行う業者は、消費者(お金を借りる人)の借入残高の情報を、貸金業法によって互いに交流することが義務づけられています。今までにカードローンやキャッシングを利用したことがある方は、「日本信用情報機構」や「シー・アイ・シー」などの情報機関に、お金の取引履歴が一定期間登録されることになります。日本信用情報機構では、信販会社、消費者金融、カード会社、保証会社などの会社が、主な会員となっ...

お金を融資する金融会社は、借りる方の申し込みや契約などの取引内容、返済状況を、指定された信用情報機関に登録しなくてはいけません。個人へ融資を行う消費者金融など、総量規制の対象となっているところでは、カードローンの審査のときに信用情報機関に登録されている情報を照会することで、申し込み者の借入残高を把握し貸付をおこなう金額を設定します。総量規制の対象となる会社が、定められている年収の1/3以上の融資を...

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りると、信用情報機関にローンに申し込みをしたときの個人情報や、取引の内容、借入残高、返済状況が登録されます。これらの情報はお金を借りるとき、金融会社側の審査の際にとても重要にある情報です。今、借りているお金があり返済が遅れていたり支払ができていなかったり、債務整理をおこなっていたりする場合、お金を貸す金融会社側には要注意人物として審査では判断されるでしょう...