18・19歳の学生が消費者金融でお金を借りるときの条件!

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

未成年(18歳・19歳)の学生がお金を消費者金融で借りるときの条件!

未成年の借入れを説明する女性の画像

消費者金融のカードローンやキャッシングで、学生がお金を借りるためにはアルバイトで安定した収入が毎月あり、年齢が20歳以上でなくては申し込みができません。

 

ですが、学生ローンを専門としている中堅消費者金融の中には、18歳・19歳の未成年でも借りれるところはあるようです。

 

未成年がお金を借りるには、法定代理人(両親)の同意が必要となりますが、収入のない無職の学生の場合、同意書があったとしても審査にまず通ることはないでしょう。

 

このような未成年に融資を行う会社が、もし親の同意のないまま未成年にお金を貸したとします。もし、利用者本人が返済などができなくなった場合、お金を借りたにも関わらず契約の取り消しをすることができるのです。

 

契約の取り消しとは?

キャッシングで10万円のお金を借りて、5万円を使ってしまったとしても、契約の取り消しをすることで支払は残金の5万円となります。

 

※借りているお金を返済しなくてもよい、というわけではありませんが、このように日本では未成年を保護する法律があります。

 

嘘をついてお金を借りたら!

よくあるケースですが、お金を借りたいがために同意書を勝手に書いて、貸金業者を騙すというパターンがあります。

 

このようなときは、契約の取り消しをすることができず、未成年(18歳・19歳)であっても借りたお金を全額返済しなくてはいけません。業者を騙したわけですから、当然のことですね。

 

未成年がお金を借りれる例外

未成年でも結婚をしていれば、法律上では成人とみなされるので、親の同意書がなくてもお金を借りれる所もあります。

 

18歳からでも申込みができる中堅消費者金融であっても、未成年への貸し付けは会社側のリスクが高くなりますので、ローン審査に通りにくいという点があげられます。

 

18・19歳の未成年にはクレジットカードがおすすめ!

クレジットカード会社には、学生専用に発行しているクレカがあります。

 

未成年の申し込みは、どの場合でも親権者の同意は必要となりますが、学生カードを発行している会社であれば、アルバイトなどで収入のある大学生・専門学生なら、未成年であっても審査に通りやすいと思います。

 

クレジットカードにはキャッシング機能もあるので、キャッシングの審査に通れば、学生でも少額ですが現金でお金を借りることができます。

 

クレカ申込みへのボタン画像


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!