クレカの返済の仕方!損をしない支払方法の選び方!

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

損をしない!クレジットカードの支払方法の選び方!

クレカの支払方法を説明する男性の画像

クレジットカードの使用料金の返済方法には、いろいろな支払の仕方があります。

 

返済をするときは、なるべく手数料(利息)なしで返済ができるように、損をしない支払方法の選び方をしてくださいね。

 

ここでは、クレカの支払方法と注意点についてまとめています。

 

クレカの返済の仕方には

手数料なしの返済方法

翌月や翌ボーナス月に、1回で商品購入代を返済する「翌月一括払い」や「ボーナス一括払い」では、一般的に手数料なしで返済ができます。

 

また、2回払いも1回払いと同じように、ほとんどのクレジット会社では手数料、利息なしで支払ができます。

 

分割払い

月々の支払回収を自分で設定し、返済していく方法です。支払回数が多ければ、月々の返済が少ないので負担が軽くなりますが、手数料(利息)の支払いが増えます。分割払いでもできるだけ早く返済すれば、手数料は安くてすみます。

 

クレカによっては、ボーナス時だけ多めに返済ができるものもあります。

 

リボルビング払い

クレジットカードの利用料の総額を、毎月一定の金額を決めて支払っていく方法です。月々の返済額が決まっているので、計画を立てやすい返済の仕方ですが、支払が長く続くと手数料(利息)の支払が増えます。

 

分割払いとリボルビング払いは何が違うの!?

分割払いもリボルビング払いも支払の仕方が似ているので、同じようなものと勘違いされる方も多いですが、支払の仕組みを理解していないと、すごく損をすることがあります!

 

リボルビング払いとは、クレカを使って買い物をしたすべての利用料金を、一定額に設定して支払っていく方法で、その都度、買い物した商品を分割で支払っていくという、分割払いとは異なります。

 

リボルビング払いの例

3万円の洋服をカードで買って、毎月1万円+手数料を支払っていきます。2ヶ月間支払をした場合、カードの利用残高は 1万円となります。

 

返済がまだ1万円残っているのに、クレカで5万円のバッグを購入したとします。カードの毎月の返済は1万円なのでラクに支払はできますが、カードの利用残高は6万円に増えていますので、返済期間が長くなります。

 

リボルビング払いの注意点

クレカの支払方法を説明する男性の画像

1つの商品にたいして支払う分割払いとは違って、リボルビング払いはカードの残高に対して、無理なく支払える一定額を設定し返済を行います。

 

ですからカードをどんどん使っても、返済する金額は毎月一定なので、知らない間に利用限度額いっぱいカードを使っていた、という方もいます。

 

手数料や利息は残高に応じて計算され、毎月の返済額と合わせて支払わなくてはいけませんので、返済が長く続けば続くほど、損をすることになりますし家計にも負担がかかります。

 

リボルビング払いは、限度額いっぱいになるまで気づかなかった、ということがあるので注意してくださいね。

 

クレジットカードの使い方に気を付けよう!

現金と違って後払いができるクレカは、どのくらいのお金を使ったのかわからなくなる方も多くいます。

 

クレジットカードは簡単で利用しやすいものですが、計画を立てずに使用すると返済が大変です。クレジットカードを利用するときは、必ず計画を立てて買い物をしてくださいね。

 

また、手数料や利息をできるだけ支払わないように、早く返済することを心がけましょう。一括払いやボーナス一括払い、二回払いの支払方は、手数料がかからないのでおすすめです!

 

クレカ申込みへのボタン画像


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!