クレジットカードのマーク!国際ブランドとは!?

学生OK!ネット・スマホ・ケータイから24時間申込ができます!

消費者金融の申込先の画像

 

学生ローン申込先の画像

 

クレジットカード申込先の画像

クレカのマーク!VIZA(ビザ)Master(マスター)JCBとは?

クレカのマークの画像

 

VIZA(ビザ)・Master(マスター)・JCB(ジェーシービー)など、上図のマーク入ったクレジットカードがあります。このマークとは何なの?という声がありましたので、わかりやすいようにまとめました。

 

クレジットカードのマークについて!

クレカの国際ブランドを説明する人の画像

クレカに入っているマーク、VIZA(ビザ)・MasterCard(マスターカード)・JCB(ジェーシービー)などは、決済業務(支払の取引)を行う企業のマークです。

 

クレジットカードが使えるお店によって、決済業務を行う会社の取扱いは変わります。

 

例えば、自分の持っているクレジットカードにはVIZA(ビザ)のマークしか入っていないとします。買い物をしたいお店がMasterCard(マスターカード)で決済業務をおこなっている場合、クレジットカードの利用ができません。

 

国際ブランドとは!海外でクレカを利用したいなら!

決済業務(支払の取引)を行う企業で、世界中で決済業務が行える会社を国際ブランドと呼びます。国際ブランドは全部で7社あります。

 

中でも、会員数・加盟店舗数が多いところは、VIZA(ビザ)・MasterCard(マスターカード)の2大ブランドです。VIZA(ビザ)・MasterCard(マスターカード)のマークが入っているクレカなら、海外でも国内でも十分に利用ができます。

 

日本で初めて作られた国際ブランドには、JCB(ジェーシービー)があります。国内で買い物するには、JCBでもまったく問題はありません。

 

クレジットカードを作るときのポイント!

VIZA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)なら、海外や日本全国で加盟店が圧倒的に多いのでおすすめです。

 

クレジットカードはいろんな会社で発行をしていますが、自分が普段よく使うお店のポイントがたまるクレカに申し込みをしましょう。

 

私のクレカ体験談!

親子の画像

私はTSUTAYAをよく利用するので、Tポイントが貯まるようにTカードを作りました。

 

コンビニで買い物するときは、Tポイントが貯まるファミマをいつも利用します。

 

購入した商品はクレジットカード払いにしなくても、クレカを提示するだけでポイントがもらえるので使いやすいです!

 

ヤフーショッピングでもTポイントが貯まるので、ネットで買い物するときはヤフーをいつも利用しています。

 

この前娘が、SEY!SEY!JAMPのDVDが欲しいというので、TSUTAYAに買い物に行きました。レジで1700円分のTポイントが使えるといわれたので、
ポイントをすべて利用して4000円のDVDを2300円で購入することができました!

 

普段からよく利用するお店はどこなのか、ポイントを貯めやすいところのクレカに申し込みをしましょう。私のようにポイントを上手に貯めて、お得にお買い物をしてくださいね!

 

クレカ申込みへのボタン画像


年齢が20歳以上で安定した収入のあることが条件のところです!